活動内容と権利、立場

エリアコーディネーターは一旦仕組みが出来上がれば、集客不要でありライバルもいません。
そこにある市場に対して貴方のアイデアと実行力でエリア活性化のディレクターと言えます。
電子個性通価に関わる全ての方々はエリアコーディネータの本業のお客様にもつながります。
エリアコーディネーター活動の収益構造は現金とポイント(尊敬広告)です。同時にエリアコーディネーター自身の本業の顧客が増えることによる収益が見込めます。

エリアコーディネーター徳権まとめ

組織図

エリアコーディネーターはまずは各県に数名~そして全国合計100名を第一次募集します。

エリアコーディネーターの立場

エリアコーディネーターは電子個性通価事業の中のNPO法人「日本挑戦者ネットワーク」が認定する電子個性通価をエリアで推進する独立した事業主です。

エリアコーディネーターは他県のエリアコーディネーターを推薦出来ます。
エリアコーディネーターは推薦繋がりでしかなる事はできません。
最終的には各エリア、3名(リーダーと補佐2名)のエリアの意思決定チームと
その他エリアコーディネーターを入れた組織で形成します。

大都市はこの限りでは有りません。例えば福岡県の場合は北九州、福岡市近郊、久留米以南の3エリアになります。つまり計9名のエリアコーディネーターが格となります。エリアコーディネーターは任期は1年ですが、再任は妨げません。

1年間の活動の成果は管轄するエリアのポイント移動や登録した個人、商売人の笑顔具合でそのエリアのコーディネーターの満足度で評価されます。
また、エリアコーディネーターから各専門役が選出されます。これはポイント交流活動が進む中で、福祉、商材開発、人財開発、教育、販売促進、広報、投資管理、法制(地域ルール整備)を担う人が育ち生れます。選出されると言う事は個人のブランディングになり名誉と実利に繋がります。

エリアコーディネーターは今日から収益を上げながら、電子個性登録となった市場形成の暁に、自らを出発点として全国に広がった市場規模に応じてポイントが付与されます。
その情報拡散の武器がエリアコーディネータ用スマホサイトです。
自己ポイントはエリアと全国の貢献ランキングに顔を出しますので、エリアコーディネーターとしての立場が認知され名誉と収益に繋げる事ができます。



TOPへ

a:307 t:2 y:0

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM